Nゲージ買取価格を最大化するためのポイント

ゲージを高く売るなら知っておくことがある

Nゲージとは
そもそもNゲージとはをご説明しておきます。
鉄道模型のなかでも一番人気のある規格となるのがNゲージです。
レール幅が9mmの種類の鉄道模型がNゲージと呼ばれています。

 

今国内で一番種類も多くメジャーなのがNゲージ鉄道模型です。

 

おそらく鉄道模型マニアの方の大半がNゲージ愛好家だと思います。
国によってはHOゲージのほうが人気ある地域もあるようですが
日本国内ではNゲージのほうが人気があります。

 

HOゲージに比べて小型であることから、外国の家に比べて日本の家は狭いということもあって日本人にはNゲージが好まれるようになったのかもしれません。

また、金額的にもNゲージは他の鉄道模型より安い傾向にあるため鉄道模型を収集しやすいという利点もあります。

さて、本題のNゲージの売り方についてご紹介していきます。

Nゲージの買取価格

まず、Nゲージの買取価格ですが新品購入時の価格から考えると1割~5前後が一般的です。

Nゲージの保管状態・未走行など、金額が上がる要因によって価格は違ってきますが
おおよそ1~5割の間に収まると思って間違いありません。

価格が下がる要因

・鉄道模型本体に不具合がある、壊れてる
・走行できない状態である
・自作で改造している
・パーツに欠品がある

こういった鉄道模型はどうしても買取価格は下がります。

 

逆に高く売れるNゲージとは!?

・人気車種で廃盤になっている
・すべて未走行車両である

 

どこにでもあるような車両より人気があってプレミア感のある「限定・廃盤車両」なら買取価格が高くなります。

当然ながら走行済みの車両より未走行のほうが高いです。

また、壊れていなくて状態が綺麗な車両なら買取価格は新品の2割~つくことが多くなってます。

 

売り方=「宅配・店頭・出張」を検討しよう


Nゲージの「量と住んでるエリア」で売り方を考えるべきです。

 

まず、Nゲージの量ですが「セットが30セット以上~」あるならそこそこの買取価格になるため、結構慎重に考える必要あります。

 

30セット未満だと売り方は「店頭or宅配」に限られてきます。

自分で運べる手段があって運べる量なら店頭買取を選ぶのがベストです。

 

 

店頭買取が優れてる理由は以下の3点です。

◎すぐに現金化できる
◎買取価格が一番高くなる傾向にある
◎多少の値段交渉の余地がある

店頭まで持ち込みわけですから、その場で査定→買取となります。
今すぐに現金化できるのも店頭買取ということになります。

 

店頭まで持ち込み手間はかかってしまいますが、買取店側とすれば一番手間がかかりません。その分、買取価格が一番高くなる確率が高いですし、何より直接顔を合わせての買取手続きとなるため「値段交渉」して10%くらいの価格アップは期待できます。

 

ただし、鉄道模型専門店でないと買取価格は安くなるため
自宅近くに専門店があるエリアに住んでる方に限られちゃいます。

リサイクル店などは鉄道模型の扱い自体はやっているケースありますが
買取価格を比べると極端に低いこともあるので注意しなくちゃなりません。

 

量が多いなら出張買取がベター

出張買取に関しては以下のページに詳しく解説してあるので参考にしてください。

>>>鉄道模型の出張買取方法解説ページ

 

地方在住の方やNゲージが少量なら宅配

どうしても近くに目ぼしい買取店が見つからないときは宅配買取を使います。
また、Nゲージが数セットの人も同様に宅配を使って売るのがお勧めです。

宅配の場合は以下のポイントに注意して売り先を選びます。

◎査定価格の信憑性が最重要
◎各種手数料が無料であること

査定価格の信憑性というのは、宅配で売るとなるとメール査定するのが一般的です。
売却予定のNゲージの型番から査定してもらうことになりますが、
査定価格というのは「目安」であり、最終の買取価格と異なることがあります。

たとえば、お店によってはNゲージ型番から一番高く買取できる金額を伝えてくる店もあります。そうなると高額で売れると思って送ってみたら、「箱・車両・パーツなどにキズがある・劣化がある」といった理由で買取価格が下がってしまうんです。

この点に注意しなくちゃならないのが宅配買取です。